短期カウンセリングのすすめ

短期間での解決を目指すブリーフ・セラピーのなかのナラティヴ・セラピーを中心にご紹介します

ナラティヴ・セラピーとユング分析心理療法

ナラティヴ・セラピーでは新たな人生の物語を語りながら作っていきます。そのカウンセリングにおいて、ユングの分析心理療法のような意味のある偶然の一致に出会う事も多いのです。


ナラティヴ・セラピーは短期カウンセリング(ブリーフセラピー)の一部です。多くの短期カウンセリングは、意識の表面的な一部しか扱いません。それに対しナラティヴ・セラピーはユング分析心理療法と、同等の意識の深さまで扱います。ここに大きな特徴があります。


これはナラティヴ・セラピーが新たな人生の物語を語りながら作っていくことによります。語り作っていく時に、ユングの分析心理療法の扱う集合的無意識に至るからでしょう。そのときに意味のある偶然の一致に出会います。


だれしも偶然の中に生きています。だが意味のある偶然の一致に出会う事は少ないのです。その偶然の一致を意味づけていくことに大きな意味があります。偶然が意味づけられれば、自分自身を新しい方向から見ることもできます。


ナラティヴ・セラピーは新たな人生の物語を語るものです。その物語の舞台が拡大するために、偶然の一致の持つ意味は大きいのです。


さらに述べます。